読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぇ、何を感じてるん?

摂食障害を、日々を通してケアしていくブログ

友達と価値とフツーと。

人間関係 想い

24歳、摂食真っ只中の時、私はそれ関連のブログを読み漁っていた。

 

その時、コンタクトを取った女友達。

昨日清澄白河でお茶してきた。

 

結婚式に呼んでくれるそうな。

ありがとう。

 

お母さんに、過食してるところ見られて、お母さんは大丈夫だよって言ってくれて、ボロボロ泣いた。

 

その事を友達に話したら、また泣いちゃった。

 

日常の話をするだけで満ち足りた気持ちになった。

1人でいてもいいよね。

仕事は割り切っていいよね。

パンやアイスとの葛藤はヤバイよねw

旦那さん(友達)に甘えてもいいよね。

日々を生きるだけで精一杯だ。

 

多くの女性が思っているだろう、するだろうありふれた会話で。

私は特別じゃなくて、めちゃくちゃフツーの女の子だって思った。

それが心地良かった。特別な存在にならんでも、友達はできる。

 

f:id:kimurutade3:20170306083129j:image

 

勉強を一旦辞めてみた。

なんで英語の勉強するの?

なんで簿記の勉強するの?

 

いいと言われているから

 

なんて理由で私は頑張れない

世の中にはサクッと受かっちゃう人もいるんだろうけど、

 

私はサクッとはなかなか行けない。

ぶっちゃけできない。

 

もともと座学が苦手なん。

美術も勉強もほどほどって私。。めちゃ平凡。

 

スーパースターになりたい。

スターは憧れられて好かれて愛される

無条件に、って思うとる。

 

一般ピーポーは?

何やってんの?

凄くなきゃ生きてる価値ない。突出してなきゃ居る価値ない。あなたは何ができるの?

 

自分が自分に突き詰めてる質問。

つまり周りにも同じ目で接してるということ。

自分の価値を高めるための勉強なんかしたくない。しなきゃ価値ないよって自分に言っているようで。

 

勉強の面白さを知る事の方が、勉強を続けるという意味ではとても大切だと思った。

 

不安を煽るのではなく、

この学問には、こんな文化、歴史、背景、人が関わってきた、と。